注文住宅を建てる時は要望と目的を伝えよう

注文住宅で家を建てる時には、設計者と話し合いをして自分の理想とする家のイメージを伝えて行きます。その時のコツとして「要望」と「目的」をセットで伝えるというポイントがあります。例えば「リビングに暖炉を作りたい」という要望があるとします。この時に、「寒い冬の時期を楽しく過ごしたい」という目的も同時に伝えましょう。すると設計者がなぜ暖炉が必要なのか意図が分かり、イメージが共有されやすくなります。寒い冬でも、暖炉の前にいれば楽しい気持ちになれるような、癒しの空間を作ろうと思ってもらえるかもしれません。例えばリビングに暖炉を作りたいという要望に、「お金持ちらしく見せたい」という目的がある場合は、お金持ちに見えるような作りの暖炉を設計することになるでしょう。このように同じものを作ったとしても、目的次第でまるで違った出来上がりになります。要望だけ伝えて、イメージとはまるで違うものが出来上がらないように、目的も伝えるようにしてください。