もえにくい家が可能である

耐震性ある家、緑あふれる住宅は災害に強い家で環境共生住宅の目的の一つで愛r、大地震が起きても耐えられる耐震性の強い家作る、消防車がとおりやすいよう街並み整備してくのが、環境共生住宅の取り組みです。そして燃えにくい材質で家を建てて火災発生時に火が燃え広がるということ抑える家も環境共生住宅になります。こうして環境共生住宅は囲炉裏おメリットがあります。安全で安心できる材質で家を作って、周辺環境整えて、住む方と地球にやさしい家になることが目的なのです。そして、環境共生住宅は環境と人が共存して省エネなどがメリットなのですが、そうした共生住宅の短所は通常の家よりコストが高い点です。環境配慮した材質、高気密高断熱材を使って、通常の建築費用より高くなるといったデメリットがあります。ですが環境共生住宅はリフォームしながら長くすみつづけるのが目的であり、これまでみたいに古くなれば建て替えるというライフスタイルからいい家修繕して長く済み続けるため結果コスト抑えることになります。