効率いい機器を導入すること

ゼロエネルギー住宅の第1条件として高断熱江あり、これにより暑いときも寒いときも家の中の室温一定にすることが可能です。具体的に床、天井など開口部から熱逃がさないため断熱材つかったり断熱サッシ、パガラスを利用して断熱性能高められます。そして熱逃がさない、エネルギーロス小さくすTるための断熱工法は2種類ありますが、一つは壁の内部、天井裏などにグラスウールなど断熱材を入れる充填断熱工法です。さらに建物外皮に当たるかベンドに断熱性能高い材料を使用する外張断熱工法です。これら用いて断熱性高くして過ごしやすい室内環境にしていくのがゼロエネルギー住宅第1の条件となります。そして、第二の条件は省エネルギーであり一般的家庭が使うエネルギー量と比べて20%以上の省エネになることが求められて、エネルギー使用量20%削減のためより効率がいい危機W導入っすることになります。家庭でとてもエネルギー使うのは給油機、暖房器具であり、さらに電気だけ見れば冷蔵庫、照明などが電力使用量の約4割を消費してます。いずれも生活に欠かさず、稼働時間も長いものです。